トップ > ニュースリリース > ラトックシステムとぷらっとホーム、IoTデバイス分野で協業

■事業展開■
ラトックシステムとぷらっとホーム、IoTデバイス分野で協業
ラトックシステムの各種IoT機器をぷらっとホームのIoTゲートウェイが標準対応

2017年2月13日

2017年2月13日、ラトックシステム株式会社(本社:大阪府大阪市浪速区、代表取締役社長:岡村周善、以下ラトックシステム)とぷらっとホーム株式会社(証券コード:東証二部6836、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木友康、以下ぷらっとホーム)は、IoTにおけるデバイスの分野にて協業する事を発表致しました。

今回の協業の背景として、ラトックシステムはモノや空間の状態をデータ化するセンサーなどのIoTデバイスをもち、ぷらっとホームは「モノ」と「インターネット」をつなぐためのIoTゲートウェイを主力製品としておりますが、どちらもIoTのデバイス分野では欠かせない製品であり、両社のもつデバイスを組み合わせる事によって、新たな顧客価値の創造が出来ると判断し、今回の協業に至りました。

協業の具体的な取り組みとして、ぷらっとホームのIoTデバイスのベンダーを対象とした提携プログラム、「IoTセンサー・デバイスパートナープログラム」にラトックシステムが加入すると同時に、ラトックシステムがもつIoTデバイス、「PM2.5対応ほこりセンサー」および「ワットチェッカー」がぷらっとホームのIoTゲートウェイ「OpenBlocks® IoT Family」の標準対応デバイスになります。この取り組みによりラトックシステムが提供するIoTデバイスから生成されるモノや空間のデータをぷらっとホームのIoTゲートウェイを通じ、各種クラウドサービスへプログラミングレスで接続可能となり、お客様がこれらを利用してIoTシステム構築をすれば、デバイス側の構築作業を大幅に削減する事が可能です。
ラトックシステムおよびぷらっとホームは引き続きIoT技術を活用した製品・サービスで社会への貢献を行ってまいります。

 

【各種製品情報】
【関連URL】
ラトックシステムについて
ラトックシステムは、新技術を取り入れた製品やデジタルライフを快適にする製品を「つくる」ことにこだわり続け、日本のメーカーならではの安心・簡単・高品質な製品をお届けするパソコン・スマホ周辺機器、オーディオ機器メーカーです。
ぷらっとホームについて
ぷらっとホームはマイクロサーバーの開発製造大手です。1993年の創業よりLinuxサーバーのパイオニアとして、通信やネットワーク分野に自社製コンピュータを供給してきました。手のひらサイズの超小型Linuxサーバー「OpenBlocks®」は、大手通信事業者をはじめ、物流、輸送、金融、エネルギー産業、官公庁など日本の社会インフラを支える様々な領域で採用されており、今後大きく成長すると見込まれるM2MやIoT(Internet of Things: モノのインターネット)でも大きな注目を集めています。

報道機関からのお問合せ先:
  • ラトックシステム株式会社 広報
    Mail:https://web1.ratocsystems.com/mail/press.html
    Tel:06-6633-6744

  • ぷらっとホーム株式会社 製品マーケティング部 星 賢志(ほし けんじ)
    Mail:pr@plathome.co.jp
    Tel:03-5213-4373 / Fax:03-3221-0882
   
ユーザー向けのお問合せ先:
  • ラトックシステム株式会社 東京支店
    コーポレート・ソリューショングループ 担当 佐々木、橘
    Mail:https://web1.ratocsystems.com/mail/solution.html
    Tel:03-5207-5010

  • ぷらっとホーム株式会社 営業部 竹内 敬呂(たけうち よしろ)
    Mail:sales@plathome.co.jp
    Tel:03-5213-4370 / Fax:03-3221-3766


* ぷらっとホームおよびPlat'Homeの名称・ロゴは、日本国及びその他の国における、ぷらっとホーム株式会社の登録商標または商標です。
* その他、本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。


ページのトップへ戻る