トップ > ニュースリリース > アナログ コンポジット映像を4K HDMI映像に変換するアップスキャンコンバーター

■新製品■
アナログ コンポジット映像を4K HDMI映像に変換する
アップスキャンコンバーターを発売

2017年6月8日
ラトックシステム株式会社は、アナログ コンポジットの映像をHDMIデジタル信号に変換・出力するアップスキャンコンバーター「REX-AV2HD-4K」を2017年6月中旬より出荷開始いたします。

RCL-AV2HD-4K

製品名 製品型番 標準価格
(税別)
JAN 出荷開始日 製品情報

4K対応 コンポジット/Sビデオ to HDMI
アップスキャンコンバーター

REX-AV2HD-4K \10,800- 4949090400719 2017年
6月中旬
製品情報 >>



REX-AV2HD-4Kは、アナログ映像信号をシンプルな操作でHDMI信号に変換・出力することのできる映像コンバーターです。 VHSビデオや8mm ビデオカメラ、古い家庭用ゲーム機など、コンポジット出力を持つ映像機器を、HDMI入力端子を持つテレビやパソコン用ディスプレイを接続することができます。

本製品は、入力されたアナログ映像を720p(HD)〜4K(Ultra HD)の映像信号に変換し、出力することが可能です。

本製品の操作ボタンは、映像の解像度変更をおこなう「SCALE」ボタン、表示された映像の微調整をおこなう「ADJUST」ボタン、そして入力先(コンポジット / Sビデオ)の入力切替をおこなう「INPUT」ボタンの3種類。簡単に操作ができるので、始めてお使いいただく方にも安心です。



■REX-AV2HD-4K(4K対応 コンポジット/Sビデオ to HDMIアップスキャンコンバーター)
【特徴】
● アナログ映像をHDMI信号へ変換するコンバーター
● シンプルな操作ですぐにアップスキャンが可能
● HD(720p)から4K 60Hzまで解像度を変更可能
● アジャスト機能で映像の大きさを調整可能
● 映像入力はコンポジット / Sビデオの2系統
● 安定感のあるメタル筐体採用



【対応機器】

コンポジット出力端子またはSビデオ端子を搭載した家庭用ゲーム機、映像機器

【対応ディスプレイ】

HDMI入力端子を搭載したテレビ・プロジェクター・パソコン用ディスプレイ(4K対応)

4K/60Hz対応テレビ/ディスプレイをご使用の場合、4K/30Hz出力時に残像や映像の乱れなどが発生することがあります。 そのような場合は、本製品の出力設定を4K/60Hzに切り替えてご使用ください。
4K/30Hz対応のテレビ/ディスプレイで本製品の出力を4K/60Hzに設定すると、映像が乱れたり、色調が変わったりする場合があります。そのような場合は、本製品の出力設定を4K/30Hz以下に切り替えてご使用ください。
コンポジットケーブル、Sビデオケーブル、HDMIケーブルは添付していません。
操作ボタン(SCALE・ADJUST・INPUT)は3秒以上の間隔をあけて押してください。

テレビ/ディスプレイによっては画面の端がわずかに切れてしまう場合がありますので、ADJUSTボタンで調整をおこなってください。

SCALEおよびADJUSTボタンは一巡すると元の設定値に戻ります。画面の表示状態を確認しながらボタンを操作してください。OSDなどで設定値を確認することはできません。
アスペクト比が4:3の映像を表示する場合は、横長に引き伸ばされます。
本製品は映像補正機能を搭載していますが、画質や信号品質を向上させるものではありません。
ご使用の映像機器によっては輝度や色温度が極端になり、白飛びのように見える場合があります。
【製品情報URL】

http://www.ratocsystems.com/products/subpage/av2hd4k.html

ここに掲載されている内容は、報道発表日現在の情報です。ご覧になっている時点で、予告なく情報が変更(生産・販売の終了、仕様・価格の変更等)されている場合があります。
報道関係の方のお問い合わせ先
ラトックシステム株式会社 広報窓口
https://web1.ratocsystems.com/mail/press.html
   
一般の方からのお問い合わせ先
ラトックシステム株式会社 サポートセンター
https://web1.ratocsystems.com/mail/support.html

ページのトップへ戻る