トップ > 製品情報> スマートモニター > 酒造品温モニタリングシステム
■酒造品温モニタリングシステム

酒造のもろみ品温を自動計測してPCで監視。設定範囲を超えたらスマホに通知

品温管理ソリューション
導入のご相談
もろみの状況を自動計測でこまめに見守ります

「酒造品温モニタリングシステム」概要

もろみの状況を自動計測でこまめに見守ります

本システムは、もろみの状況を品温できめ細かく見守る、酒造業界向け品温モニタリングシステムです。タンクごとにセンサーを取り付け、1時間ごとに品温と室温を自動計測します。別室にあるパソコンへは無線(Sub-GHz)でデータを送り、計測結果をグラフで表示します。あわせて日本酒度、アルコールなどを入力することにより、BMD曲線やA-B直線で進行状況を確認しながら総合的に品温の管理をおこないます。

パソコンで品温を監視し、指定した品温の範囲を超えるとAWSクラウド経由でスマホにメールやプッシュ通知をおこなう機能も備えています。

特徴


1. もろみ・酒母の品温管理をIT化でサポート 3. 酒造現場のニーズに合わせたハードウェア設計
● 1時間毎に品温・室温を計測し自動で取得
● 設定温度の範囲を超えるとアラート(警告)を通知
● BMD曲線など酒造関連データのグラフを表示・印刷
● もろみ仕込みの関連データを一元管理
● デイリーバックアップ機能搭載
● Sub-GHz通信により離れた場所への設置が可能
● 品温センサーは設置しやすい電池駆動
● 高精度温度センサー採用、手元での計測もOK
2. クラウド接続によるスマホとの連携 4. ハートコンピューターとの協力体制で安心
● スマホ専用アプリ「もろみ日誌」で品温グラフを確認
● PCからのアラート通知をスマホで受信
● スマホで撮った状ぼう写真を転送
● クラウド上へのバックアップも可能
● お客様の環境に適したシステム構成を提案
● 技術者による設置、初期設定でスムーズに導入
● 現場の声を反映したアップデート実施(予定)


1. もろみ・酒母の品温管理をIT化でサポート


1時間毎に品温・室温を計測し自動で取得

品温センサーは、1時間ごとに自動で品温と室温を計測。センサーBOX搭載メモリへの保存と、パソコンへのデータ送信をおこないます。パソコン電源オフなどで計測データが受信できなかった場合は、メモリのデータを適用する機能があるので安心。
パソコンを常時起動しておくと、夜中も引き続き品温データの受信をおこないます。


設定温度の範囲を超えるとアラート(警告)を通知

1時間ごとに送られてくる品温を、パソコンで24時間監視。 設定した品温の範囲を超えたら、メールなどでアラートを通知します。タンクごとに品温範囲および通知の有効/無効が設定できます。


BMD曲線など酒造関連データのグラフを表示・印刷

日本酒度、アルコール、糖度など、もろみ管理に必要な関連データも本システムで管理。グラフ化し、品温グラフとあわせて総合的な分析をおこないながら、温度制御や追い水のタイミングを判断できます。


もろみ仕込みの関連データを一元管理

すべての仕込みをデータベースに保管。異なるシーズン・タンクの品温データを一元管理し、資産として活用します。担当ごとの管理によるデータ散在や紛失の心配がありません。


デイリーバックアップ機能搭載

パソコン上に蓄積したデータは、RAIDディスクにデイリーバックアップ。運用中のハードディスク破損やデータ移行などの備えとして有効です。


2. クラウド接続によるスマホとの連携


Powered by AWS Cloud Computing 本システムは、信頼性の高いAWSサーバーを用いて構築しています。

以下の機能は、パソコン用「もろみ日誌」で登録したスマホのみで使用可能です。
他の端末からはアクセスされることがなく、セキュリティ面も安心です。

スマホ専用アプリ「もろみ日誌」で品温グラフを確認

スマホ用アプリは、iPhone/iPad用とAndroid端末用を用意。お持ちのスマホ・タブレットに、App Store/Google Playよりダウンロードします(無償)。アプリ画面で確認したいタンクを選ぶと、直近1週間の品温をグラフで表示します。


PCからのアラート通知をスマホで受信

設定した品温の範囲を超えたら、登録されたメールアドレスとスマホに通知をおこないます。アプリを起動していなくても、プッシュ通知により警告を受信できます。


スマホで撮った状ぼう写真を転送

「もろみ日誌」で撮影したもろみの状ぼう写真を、クラウド経由でパソコンのデータベースに登録します。もろみの計測数値だけでなく、泡の経過を写真で記録できます。


クラウド上へのバックアップも可能

毎日のバックアップはローカルディスクへ、災害など万一に備えたバックアップはクラウドへ。
※クラウド利用料金はソフトウェアライセンス(2年ごとに更新)に含まれます。



3. 酒造現場のニーズに合わせたハードウェア設計

Sub-GHz通信により離れた場所への設置が可能

パソコン(Sub-GHz USBアダプター)と品温センサー間の最大距離は見通しで250m。蔵と事務所が離れていても、ケーブルの敷設なしに導入がおこなえます。

※仕込蔵の建築構造により、場合によっては、Sub-GHzによる電波が到達しないこともあります。


品温センサーは設置しやすい電池駆動

各タンクに取り付ける品温センサーは、コンセントの位置を気にせず設置できます。省電力設計により、単三アルカリ乾電池3本で電池推定寿命約90日を実現しています。アプリで仕込み作成時には電池残量を表示。最適なタイミングで電池交換がおこなえます。


高精度温度センサー採用、手元での計測もOK

±0.3℃の高精度計測が可能なロングタイプのPT100温度センサーを採用。設置場所やタンクの大きさにあわせて、2種類のケーブル長(3m/5m)からお選びいただけます。手元で測定した品温を、本体の液晶画面に表示することも可能です。



4. ハートコンピューターとの協力体制で安心


お客様の環境に適したシステム構成を提案

本システムは、IoT製品開発実績のあるラトックシステムが開発し、酒造業界に多くのシステム納入とサポート実績があるハートコンピューターが販売いたします。タンク1台分の品温センサーを含む基本構成に、タンク台数分の品温センサーを追加し構築するもので、小規模でも手頃な予算ではじめられます。

■ご購入に関するお問い合わせ窓口
販売総代理店 株式会社ハートコンピューター
(酒類メーカー向け製造・販売システム最大手)
住所 〒529-0425 滋賀県長浜市木之本町木之本1565
電話 0749‐82‐5656
メールアドレス info@heart.co.jp


技術者による設置、初期設定でスムーズに導入

ハートコンピューターの技術者がお客様のもとに伺い、本製品の設置およびパソコンへのインストールとアプリの各種設定をおこないます。
※各サービスについては、ハートコンピューターのサイトを参照ください


現場の声を反映したアップデートを実施(予定)

本システム開発にあたって酒造業界の目線でさまざまな助言をいただいたハートコンピューターと、今後も現場やお客様の声などの情報交換を継続し、「もろみ日誌」を向上・改善していきます。


ページのトップへ戻る