トップ > 製品情報> IoTシステム > 酒造品温モニタリングシステム もろみ日誌
■酒造品温モニタリングシステム もろみ日誌

もろみの品温データを収集、遠隔から監視。現場の負担軽減と技術継承を支援

品温管理ソリューション
導入事例(経営者の立場から)
導入事例(現場の立場から)
導入のご相談
酒造りに特化したシステムで現場を支援します

「酒造品温モニタリングシステム」概要

もろみ日誌概要図
品温監視 記録 比較 帳票印刷

酒造品温モニタリングシステム「もろみ日誌」は、酒造の酒母・もろみ工程の品温管理を支援します。自動計測で現場の負担を軽減。高頻度・高精度の品温データを収集し、もろみの状態をいつでもどこでも見守れます。さらに税務署対応のもろみ経過簿と製造帳の印刷もおこなえる、酒造現場のためのソリューションです。

特徴


1. 自動で品温を計測、監視する 3. グラフをみる、比較する
● もろみの品温をいつでもどこでも24時間把握
● 品温が指定の範囲を超えたらスマホにおしらせ
● もろみ関連グラフの表示、BMD目標との比較が可能
● 過去のBMD/品温とのグラフ比較が可能
2. パソコンに記録する 4. 帳票を印刷する
● 品温と室温を自動で記録
● 櫂入れ後ボタンを押して品温を記録
● スマホで撮影した状ぼう写真を記録
● ボーメ度、アルコール度なども一括管理
● バックアップでもしものときも安心
● データをそのまま税務署対応の帳票に印刷
● 製造歩合を自動で算出
5. 自由度の高い無線接続、安心のバックアップ体制
● 蔵と事務所をワイヤレスで接続
● 導入・運用をバックアップ

1. 自動で品温を計測、監視する

もろみの品温をいつでもどこでも24時間把握

タンクごとに取り付けたセンサーでもろみの品温を1時間ごとに計測し、パソコンやスマホから確認できます。スマホからは現在の品温も測定できますので、どこにいても品温の確認がおこなえます。


品温が指定の範囲を超えたらスマホにおしらせ

パソコンで日々の品温範囲を指定。範囲を超えると担当者のスマホに通知が届きます。もろみの変化に気づくことができ、品温の状況を確認してから蔵に向かいます。


2. パソコンに記録する


品温と室温を自動で記録

1日2回、指定時刻になると、品温と室温を自動で計測し、転送してパソコンの表に入力します。タンクを見回って記録する手間が省けます。


櫂入れ後ボタンを押して品温を記録

櫂入れ後センサー本体の手動計測ボタンを押すと、そのときの品温を計測してパソコンに転送します。手書きによる記録は必要ありません。


スマホで撮った状ぼう写真を転送

もろみの状態をスマホのアプリで撮影。泡の状態(筋泡〜地)とあわせてパソコンに転送します。状ぼうの記録は、経験の浅い若手の育成にも役立ちます。


ボーメ度、アルコール度なども一括管理

ボーメ度、アルコール度、酸度などの関連データは手入力し、もろみ日誌でまとめて管理します。もろみ造りをデータベース化して会社の資産とし、次の世代に継承します。


バックアップでもしものときも安心

データは毎日、外付けのディスクに自動でバックアップ。ハードディスクが壊れたりパソコンを買い換えたときも、引き続き運用できて安心です。災害などに備え、週1回クラウドへのバックアップもおこなえます。


3. グラフをみる、比較する

もろみ関連グラフの表示、BMD目標との比較が可能

グラフは仕込みごとに表示。 BMDは入力データから自動で算出されます。理想のBMD曲線を目標値として入力すると、同じグラフ上に表示します。進行中の仕込みとダイレクトにグラフでの比較ができ、常に目標を確認しながらお酒造りを進められます。AB直線の表示にも対応しています。


過去のBMD/品温とのグラフ比較が可能

あらかじめ過去の仕込みデータを入力しておくと、仕込み中に参照と比較がおこなえます。すべてのデータを入力しない場合は、出来のよかった仕込みデータのみを入力し、今後の仕込みとのデータ比較に活用します。



4. 帳票を印刷する

データをそのまま税務署対応の帳票に印刷

もろみ日誌のデータから、税務署対応のもろみ経過簿、製造帳を出力できます。


製造歩合を自動で算出

必要な項目が入力されていれば、製造歩合は自動で算出します。



5. 自由度の高い無線接続、安心のバックアップ体制

蔵と事務所をワイヤレスで接続

パソコンと品温センサーの間は無線で通信をおこないますので、蔵と事務所が離れていても、ケーブルの敷設なしに導入がおこなえます。建築構造により電波が届きにくいときは、中継器を使用して延長が可能です。パソコン1台分のアプリとUSBアダプターに、タンク台数分の品温センサーを追加して構築。小規模でも手頃な予算ではじめられます。

センサーは単三乾電池3本で駆動。コンセントの位置や数を気にせず設置できます。交換は3ヶ月に1回程度で、電池残量はアプリで確認できます。


導入・運用をバックアップ

本システムは、IoT製品開発実績のあるラトックシステムが開発し、酒造業界に多くのシステム納入とサポート実績があるハートコンピューターが販売いたします。導入の際は技術者がお客様のもとに伺い、本製品の設置およびパソコンへのインストールとアプリの各種設定をおこないます。(技術者による設置・セットアップは有償になります)
また、開発をおこなう当社とは現場のお客様の声を共有し「もろみ日誌」を向上・改善しています。

■ご購入に関するお問い合わせ窓口
販売総代理店 株式会社ハートコンピューター
(酒類メーカー向け製造・販売システム最大手)
住所 〒529-0425 滋賀県長浜市木之本町木之本1565
電話 0749‐82‐5656
メールアドレス info@heart.co.jp
ホームページ http://www.heart.co.jp/

ページのトップへ戻る