トップ > 製品情報 > プロメディア用リーダーライター > REX-MR07
■PCIe接続プロフェッショナルメディアリーダーライターキット REX-MR07

プロメディア(SxS、P2、SD)のホットプラグとデータの高速転送が可能なキット

プロメディア対応リーダーライター 出荷完了法人様向け
PCIe接続
プロフェッショナルメディアリーダーライターキット
製品型番 価格 最小ロット
REX-MR07 お問い合わせください
⇒法人様窓口
100
対応OS(Win) 7/Vista/XP
※32ビット/64ビット両対応
対応OS(Mac) MacOS X 10.4 以降
有害6物質不使用 製品写真


製品特徴

プロシューマー向けメディア(SxS/P2/SD)対応リーダーライターキット

REX-MR07は、プロシューマー向けのメディア、SxS、P2、SDXCをサポートしたリーダーライターキットです。リーダーライター基板、専用ケーブル、PCI Expressカードなどで構成されています。


ネイティブPCI Express接続で100MB/sec超の高速転送が可能

パソコンのPCI Expressスロットに専用のボードを装着し、ネイティブPCI Express(2.5Gbps)での転送をおこなうことで、USB2.0(480Mbps)接続と比較して実測で約5倍のスピードを実現しました。 PCI Expressボードは、添付LowProfile ブラケットにより、省スペースPCにも取り付け可能。


[測定環境]
マザーボード:BIOSTAR製 TP55(Intel Corei7 860 4GByte RAM)、OS:Windows 7 32Bit版、ベンチマークソフト:CrystalDiskMark3.0.0 データーサイズ50MB、SxSカード:SONY製SxS-1 64GB
※結果は環境により異なります。


業界初!独自技術によりすべてのメディアでホットプラグが可能

ラトックの独自技術、RATOCフィルタドライバーテクノロジーにより、Windows環境でもPCI Expressに接続されたすべてのメディアが、電源オンのまま取り外し可能。デスクトップ上で取り外しを実行することで、ノートPCライクにメディアを抜き挿しすることができます。

【Windowsでの取り外し手順】
タスクトレイのHotPlugToolアイコンをクリックし
停止するメディアを選びます
【MacOSでの取り外し手順】
アイコンをゴミ箱に入れて
取り外します

■Windowsでも完全なホットプラグ環境を提供■
PCI Express接続ではホットプラグが想定されていないため、通常PCI Expressに接続されたメディアはWindows起動時に装着している必要があります。本製品ではRATOCオリジナルのフィルタドライバーにより、接続メディア用のリソースを管理・予約。PCI Express接続でのホットプラグを実現しています。

フロントベイや外付けなど柔軟な組み付けが可能

多様なニーズを想定し、5インチベイや3.5インチベイに取り付け可能な専用の金具をご用意。電源を内蔵したBOXに格納し、外付けとして使用することも可能です。
基板のみ 3.5インチベイ取り付け専用金具付モデル
5インチベイ取り付け専用金具付モデル 外付けモデル(Macへの導入も可能)

高品質な信号で安定した動作環境を提供

PCIeボード上に搭載したリピータと、PCI Express規格準拠の専用ケーブルにより、信号の品質を確保。PCIeバス上の転送エラーやデータ化けを 防ぎ、安定した動作環境を提供します。

● アイパターン比較 ●
リーダー/ライター本体側からの信号波形を、パソコンのPCIeバスで測定。アイパターンの中央の開きが大きくジッタ(ブレ)の少ない方がより信号品質が高いことを表しています。
<本製品(REX-MR07)> <他社製(リピータ非搭載)>


基板上にSATAホストポートを装備

基板上にSiliconImage社製SATAコントローラ Sil3132を実装。SATAホストポートを2基搭載しています。

例えば、デスクトップPCでは、リーダー/ライター基板に当社製SATAリムーバブルケース(SA3-RC1シリーズなど)を接続。また、5インチドライブケースとの組み合わせでは、eSATAポートを1基追加し、外付けリーダー/ライターに当社製eSATAリムーバブルケース(SA-DK1AES)などのeSATAドライブを接続することも可能です。
<外付けモデルのカスタマイズ例>


有害6物質不使用

REX-MR07は、鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、PBB、PBDEの有害6物質を使用していない、環境と人にやさしい製品です。
>> ラトックシステム有害化学物質制限の取り組み

ページのトップへ戻る