トップ > 製品情報 > シリアル(SPI/I2C・RS-422/485) > REX-PCI70D
■RS-422A/485・デジタルI/O PCIボード REX-PCI70D

1本のPCIスロットにRS-422A/485×2ポートと6bitデジタルI/O×1ポート増設

COMポートを簡単増設
RS-422A/485・デジタルI/O PCIボード
製品型番 価格(税別) JANコード
REX-PCI70D ¥21,800 4949090600157
対応OS(Win) 10/8.1/8/7/Vista/XP/2000、Server 2008 R2/Server 2008/Server 2003 R2/Server 2003/2000 Server
※32ビット/64ビット両対応
対応OS(Linux) 確認済みディストリビューション
有害6物質不使用 製品写真 注文画面

製品特徴


RS-422A/485ポートとデジタルI/Oのマルチファンクションボード

本製品は、1本のPCIスロットに、RS-422A/485×2ポートと6bitデジタルI/O×1ポートを増設可能な、マルチファンクションボードです。

D-Sub 15ピン搭載、RS-422A/485モード切換可能

D-Sub 15pinコネクタ(メス)を2ポート搭載。ポートごとにRS-422AとRS-485のモードが切換可能なジャンパースイッチを、基板上に搭載しています。

VC++2010、VB2010、VC++6.0、VB6.0用のRS-422A/485通信サンプルプログラム付き。

9ピンコネクタ
D-Sub 15pinコネクタ
(メス)採用
モード設定用
ジャンパースイッチ

DIOポートを搭載、サンプルソースコード添付

基板上に、6bit-TTLレベルのDIOポートを搭載。高価なDIOインターフェイスを追加する必要がありません。DIOポート制御用Driver、DLL、サンプルコード付属(VC++6.0、VB6.0)。
オプションとして、DIOポートをPC外部に引き出せるケーブルとブラケットのセット(RCL-70D)も用意しています。

最大4枚まで識別可能

基板上のディップスイッチにより設定番号を取得し、ソフトウェア上で最大4枚までの基板が識別可能。各RS-422A/485ポートに割り当てられたCOMポート番号を確認するサンプルソースコードを添付しています(VC++2010,VB2010,VC++6.0,VB6.0)。
※パソコンのスロット数により増設できるボード数は異なります。
※COMポート番号はOS上で自動割り当てされます。
■PCI拡張BOX「REX-PEPB4」でPCIスロットを増設■
PCIスロットが足りない場合は、PCIeスロット1基にPCIを4スロット増設できる拡張BOX「REX-PEPB4」が便利です。PCIe Hostカードと拡張Boxは専用ケーブルで接続。PCIe Hostカード「REX-PETH」(オプション購入も可能)を複数台のPCに導入すれば、ケーブルによるつなぎ替えのみで拡張BOXを共用することも可能です。
>> PCI Express to PCI 拡張BOX REX-PEPB4 製品情報ページへ

ロープロファイルにも対応

標準PCIスロットとLowProfile PCI の両対応。 添付ブラケットと交換するだけで、LowProfile PCIボードに。省スペースパソコンに最適です。
▼PCIでは2ポートのボードとして▼ ▼ロープロファイルPCIでは用途に合わせて▼
PCI×2ポート ロープロファイル×1ポート ロープロファイル×2ポート
  1スロットで1ポート増設 2スロット占有で2ポート増設可能

各ポートの最大DTE速度460.8kbps

静電気放電(ESD)保護機能搭載

気中放電±16.5KV、接触放電±8KVまでの保護機能付トランシーバを搭載。ラッチアップを起こしません。

WindowsサーバOS対応

サーバOSは、Windows Server 2008 R2/Server 2008/Server 2003 R2/Server 2003/2000 Serverに対応。またユニバーサルPCIスロットをサポートし、5Vはもちろん3.3VのPCIバスを装備したパソコンでも使用できます。

ポートごとに送受信各64バイトのFIFOバッファー搭載

各ポートごとに送信64バイト、受信64バイトのFIFO(First-In First-Out)バッファーを搭載。高速通信時のデータ取りこぼしを防止し、安定した通信環境を提供します。

有害6物質不使用

REX-PCI70Dは、鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、PBB、PBDEの有害6物質を使用していない、環境と人にやさしい製品です。

>> ラトックシステム有害化学物質制限の取り組み
ページのトップへ戻る