トップ > 製品情報 > ディスプレイアダプタ > SCD-DU1W
マルチディスプレイユーティリティ
製品特徴
主な機能
動作環境
体験版ダウンロード
購入方法
アップデータ
マニュアル

REX-USBDVI2製品情報へ

マルチディスプレイユーティリティ

製品特徴

1台のパソコンに複数のモニタを接続して並べ、ひとつの大きな画面として使用する「マルチディスプレイ」。本ユーティリティは、モニタごとの壁紙設定やタスクバー表示、ウィンドウ移動など、マルチディスプレイをより快適に使用できる機能を提供します。

モニタごとの壁紙設定が可能

モニタごとに画像を指定
  OS標準機能では、すべてのモニタに同じ壁紙が適用されます。本ソフトでは、各モニタ番号ごとに、壁紙にするファイルや表示のスタイルが指定可能です。
解像度が異なっても、画面に合わせて表示
  各モニタの解像度が異なる場合、OS標準機能では壁紙はどちらか一方のモニタに合わせたサイズとなってしまいます。本ソフトを使用すると、それぞれのモニタ解像度に合わせた壁紙の表示が可能です。
壁紙の縦横比率を保ったまま最大表示
  ワイドモニタを使用している場合、OS標準の壁紙設定で「拡大して表示」を選ぶと、画像が横方向に伸びてしまいます。本ソフトでは、壁紙に指定した元画像の縦横比を保ったまま、最大化することが可能。スナップ写真やダウンロードした画像などを、ワイドモニタの壁紙として使う際に最適です。(余白部分は背景色となります)
壁紙を自動で変更
  指定ファイルのあるフォルダの画像を、一定の時間間隔で次々に映し出す「自動変更」機能を搭載。時間の間隔は5分〜60分までの既定値から、表示順はファイル名、日付、ランダムから選ぶことができます。
   

サブモニタに拡張タスクバーを表示可能

各モニタにタスクバーを表示
  「拡張タスクバー」は、サブモニタに専用のタスクバーを表示する機能です。それぞれのモニタ上でタスクボタンをクリックして、アクティ ブなタスクの切り替えやウィンドウの最小化がおこなえます。

ウィンドウの移動に便利な機能群

キーボード操作で移動できるホットキー
  ウィンドウやマウスポインタの移動を、キー操作で瞬時におこなう「ホットキー」機能を提供。キーの組み合わせは、カスタマイズ可能です。
【選択されたウィンドウを指定のモニタへ】 【マウスポインタを指定のモニタへ】

タイトルバーの右クリックで移動
  マウスで移動したいウィンドウのタイトルバーを右クリックし、「ウィンドウを次の(前の)ディスプレイへ」を選択。ウィンドウは瞬時に隣のモニタへ移動します。ドラッグして移動する必要はありません。
ウィンドウをメインに集合・再配置ボタン
  ユーティリティにあるボタンをクリックして、すべてのウィンドウをメインのモニタに移動したり、集めたウィンドウを元の位置に戻すことが可能です。
モニタの解像度にあわせてウィンドウサイズ調整
  ホットキーなど本ユーティリティの機能を使って、他のモニタへウィンドウを移動するとき、解像度の比率に合わせてウィンドウサイズを拡大縮小することができます。ウィンドウサイズ補正により、異なる解像度のモニタを組み合わせて使っても、ウィンドウがはみ出ることなく、快適に使えます。
※ドラッグによるウィンドウ移動の場合、サイズ補正されません。

その他の便利な機能

サブモニタに配置したアイコン位置の記録
  マルチディスプレイ環境では、パソコン再起動時サブモニタに配置したアイコンがメインモニタに移動してしまうことがあります。本機能により、サブモニタに並べたアイコンの位置を記録して、次回起動の際にアイコンを再配置することが可能です。
OS標準機能もまとめて管理
  マルチディスプレイ環境で使う機会のある「画面のプロパティ」「画面にモニタ番号表示」「Ctrlキーでマウスポインタ位置確認」などのOS標準機能も、ユーティリティから実行できます。
ページのトップへ戻る