トップ > 製品情報 > セキュリティ > 安全確実な指紋認証で簡単セキュリティ対策!個人情報を漏えいから守る

安全確実な指紋認証で簡単セキュリティ対策!個人情報を漏えいから守る

企業のパソコンにおいては、個人情報やマイナンバーなどを漏えい・盗難リスクから守るため、パスワード以上に安全性を高める対策が求められています。

たとえばパスワード入力を、より確実な本人確認が可能な指紋の読み取りに置き換え。指紋センサーをパソコンのUSBポートに追加し指紋認証を必須とすることで、パソコン起動やスリープ復帰時に業務担当者の指紋が必要となり、その担当者以外は操作できないPC環境をつくることができます。

NEW 個人情報保護法の改定ですべての事業者が対象に

2017年5月30日、改正個人情報保護法の全面施行まで残りわずか。 今回の改正では、 すべての事業者に個人情報保護法が適用されるようになりました。これまで個人情報の法的な管理を意識していなかった個人事業主や、保有件数が少なく対象となっていな かった中小企業も、遵守しなければなりません。


特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン(事業者編)

大項目 F 技術的安全管理措置

事業者は、特定個人情報等の適正な取り扱いのために、次に掲げる技術的安全措置を講じなければならない。
小項目 a アクセス制御

情報システムを使用して個人情報番号利用事務を行う場合、事務取扱担当者で取り扱う特定個人情報ファイルの範囲を限定するために、適切なアクセス制御を行う。

b アクセス者の識別と認証

特定個人情報等を取り扱う情報システムは、事務取扱担当者が正当なアクセス権を有する者であることを、識別した結果に基づき認証する。
SREX-FSU3
SREX-FSU4
提供機能
個人情報を取り扱うパソコンを特定し、SREX-FSU3/FSU4を取り付ける。
指紋認証によるログイン制御

特定ファイルを扱えるのは担当者のみとする。
ファイルの暗号化
その機器を取り扱う事務担当者を限定し、指紋情報を登録。認証された担当者のみ使用する。
指紋認証によるなりすましの防止

異なる識別方法の併用でセキュリティを強化。
指紋とパスワードの二要素認証

SREX-FSU3をおすすめする理由


指紋で安心&ラクラク!Windowsログオン・スクリーンロック解除

パソコン起動時のログオン画面で、パスワードを入力する代わりに指紋を読み取るだけ。複数人数の指紋登録にも対応していますので、共有PCでも運用いただけます。

離席時にスクリーンロックをおこない、戻ってきたときに指紋認証でロック解除する習慣をつければ、離席時の不正アクセスやのぞき見対策にもなります。

指紋認証ソフトウェア「OmniPass SE」添付

本製品に添付のソフトウェアOmniPass SEは、指紋認証組み込みのノートPCなど多くの認証システムで実績があり、充実した機能をサポートしています。指紋による認証だけでなく、ファイル暗号化によるセキュリティ強化、Web・アプリケーションのID・パスワードを管理するなどの機能を備えています。

【Windowsログオン画面】 【指紋登録画面】
OmniPassのウィンドウが表示されたら指をスキャンします。 ユーザ登録ではWindowsログオン情報を入力し、
認証に使う指を選んで3回読み込ませます。
Windowsログイン画面 OmniPass指紋登録画面 OmniPass指紋登録画面

Windows Hello 指紋認証対応

Windows 10では、OS標準「Windows Hello」の選択も可能。指1本でユーザーを識別、パスワード入力不要のクイックアクセスを実現します。

【Windowsログオン画面】 【指紋登録画面】
指をスキャンするだけでサインイン。 アカウントのパスワード、暗証番号(PIN)を設定してから、
指紋を数回読み込ませます。

【認証方式対応表】
  Windows
10
Windows
8.1/8/7
Windows Server
2012 R2/2012/2008 R2
Windows Hello(OS標準)
OmniPass SE(添付ソフト) ○※
※SREX-FSU3のみ対応

* Windows HelloとOmniPassSEを同時に使用することはできません。(どちらを使用するか選択する必要があります)
* Windows Helloで指紋認証機能をご使用の場合は、インストール時インターネットに接続している必要があります。


二要素認証でセキュリティの強度をアップ

認証条件を指紋認証とパスワード入力の両方必須とすれば、総務省の情報セキュリティに関するガイドラインでも求められている「二要素認証」となります。

二要素認証

OmniPass上の「認証規則の設定」でパスワード認証と指紋認証の両方にチェック。パソコンに指紋とパスワードの二要素認証を追加することができます。
認証規則の設定
「緊急ポリシーオーバーライド機能」は指紋センサーが接続されていない場合、指紋認証をあらかじめ登録しておいた秘密の答えに置き換える機能です。PCモバイル時は、パスワードと秘密の答えによる2段階認証で、利便性と安全性を両立します。

認証規則の設定


指紋でファイル暗号化・復号化

ファイルのアクセス制限に暗号化を加えれば、より機密性の高いデータ保護が可能です。暗号化の手順は、対象となるファイルやフォルダを右クリックして「OmniPass ファイルの暗号化」を選択し、認証するだけ。復号化の際も、アクセス権のあるユーザが登録された OmniPass での認証が必要となるので、仮にデータの盗難や紛失が発生しても確実に保護されます。

便利なフォルダ単位の暗号化

本製品ではファイル単位での暗号化に加え、フォルダ単位でファイルをまとめて暗号化することができます。さらに、暗号化したフォルダをダブルクリックするだけで、暗号化および復号化の操作を行わずデータを編集することができます。ダブルクリックすると復号化のための認証が要求され、認証に成功した後は特別な暗号化・復号化の操作は必要ありません。また、暗号化フォルダに新しいファイルをドラッグアンドドロップするだけで、自動的に暗号化して保存されます。

※ファイル単位で暗号化したファイルを開いた場合、およびOmniPassウィンドウ(コントロールセンタ)上や右クリックメニューで復号化を指定した場合は、ファイルそのものが復号化されますので、手動で暗号化し直す必要があります。


複数ユーザで暗号化データを共有

部署ごとなど複数ユーザで暗号化ファイルを共有する場合は、ファイルやフォルダごとにユーザの設定が可能。アクセス権を持つユーザは、OmniPass登録済みのユーザに共有する許可を与えることができます。

※暗号化ファイルの共有者は、ファイル操作および共有者の設定が可能となります。

異なるPCで暗号化データを使用(SREX-FSU3のみ)

会社⇔自宅のデータ移動や新機種への移行などで暗号化と復号化をおこなうパソコンが異なる場合、暗号化したパソコンに登録されているユーザプロファイル(ユーザの指紋情報)を、復号化するパソコンにインポートしてから認証することで対応できます。ログイン時のユーザ名・ドメイン・パスワードが一致していない場合は、異なるユーザとしてインポートすればOK。複数のパソコン間でユーザアカウントが異なっていても、暗号化ファイルの操作が可能です。

※ユーザプロファイルのインポートには、エクスポート時にログインしていたユーザ名・ドメイン・パスワードの入力が必要となります。


Webサイトに指紋だけで簡単ログイン

WebサイトのIDとパスワードを管理するため、セキュリティ上不安を感じながらも、パスワードを紙に残したり、複数のサイトで使い回したり、ブラウザに保存したりしていないでしょうか。

OmniPassのアカウント管理機能を使用すれば、IDとパスワードの入力なしにWebログインすることが可能です。OmniPassに登録済みのサイトへアクセスすると、指紋認証によりアカウント情報が自動的に呼び出されますので、IDやパスワードを覚えておく必要はありません。忘れてしまっても、アカウント管理画面で登録内容を確認できるので安心です。

※本機能の対応ブラウザはInternet Explorerです。 (Microsoft Edgeには対応していません)
※Webサイト(Javaで作成されたWebサイトなど)によっては対応できない場合があります。


アカウント管理情報登録画面 <アカウント登録>
  1. Webサイトにアクセス
  2. アカウント情報入力
  3. タスクバーの OmniPass を右クリック
  4. 「パスワードの記憶」 選択
  5. アカウント入力ウィンドウにカギ型カーソルを移動しクリック
  6. 管理しやすい名前をつけて保存
<次回から>
  1. Webサイトにアクセス
  2. 指紋認証
  3. ログイン

OmniPass では、ログイン入力が必要なアプリケーションのアカウント記憶にも対応。ドメインやパスワード入力を要する Windows プログラムに、指紋認証を導入することができます。

なお、保存しているアカウント情報はユーザプロファイルを元に暗号化されているので、アカウントデータ保管のセキュリティ対策としても有効です。

SREX-FSU3 SREX-FSU4
スライド式 タッチ式
安定した場所での運用に
サーバOSにも対応
小型なので装着したまま
持ち運べる
製品情報を見る 製品情報を見る
ページのトップへ戻る