トップ > 製品情報> IoTシステム > 酒造品温モニタリングシステム もろみ日誌
■酒造品温モニタリングシステム もろみ日誌
品温管理ソリューション
導入事例(経営者の立場から)
導入事例(現場の立場から)
導入のご相談

導入いただいている蔵元のご紹介(五十音順)

小林酒造株式会社(北海道)

創業1878年(明治11年)。「北海道でしか醸せない、味わえない酒」を追求し続け、地元農家が育てた北海道産米を使用した酒造りをおこなっています。特定名称酒100%、北海道産米100%と北海道の地酒としてこだわりをもって酒造りをしています。

銘柄 北の錦 特別純米 まる田
サイト http://www.kitanonishiki.com/
杜氏 南 修司 様


佐久の花酒造株式会社(長野県)

1892年(明治25年)創業。蔵のひとたちが苗作りから田植え、収穫までおこなって育てた米と、八ヶ岳の上質な伏流水を使い、手造りで醸しています。地酒の味わい、喉越し良く、五味(甘味、酸味、辛味、苦味、渋味)を供えた爽やかな酒造りを大切にしています。

銘柄 佐久乃花
サイト https://www.sakunohana.jp/
代表者 代表取締役 高橋 寿知 様


三和酒造株式会社(静岡県)

1686年(貞享3年)鶯宿梅蔵元、鈴木家を母体として昭和46年5月に設立。臥龍梅は一般販売用も手抜きをせず、鑑評会出品酒と同じ吟醸小仕込みによって造られています。地元の酒屋やスーパーの棚には米の種類や精米歩合の異なるさまざまな臥龍梅が並び、身近に楽しめる旨いお酒として親しまれています。

銘柄 臥龍梅(がりゅうばい)
サイト http://www.garyubai.com/
代表者 代表取締役社長 鈴木 克昌 様

Q 導入ポイントは?

品温データの取得して離れた事務所と蔵の間でデータを共有したり、もろみの関連データを蓄積して会社の資産とする方法を検討していました。スマホで品温が確認できる機能は、宿舎に寝泊りする蔵人の負担を軽減しています。

本システムの導入事例にご協力いただきました。ぜひあわせてご覧ください。
三和酒造 代表取締役社長 鈴木様【経営者の立場から】 >>
三和酒造 副杜氏 多田様【酒造現場で働く立場から】 >>


白杉酒造株式会社(京都府)

安永6年(1777年)創業。「美味しいお米だから美味しいお酒になる。」をモットーに、全国的にも珍しい全量食用米のお酒づくりをされています。地元丹後のコシヒカリと湧き水で「ご飯のような日本酒」をめざしています。

銘柄 白木久(しらきく)
サイト 白杉酒造株式会社 白木久(facebook)
代表者 代表取締役 白杉 悟 様

Q 導入ポイントは?

品温を自動計測して、グラフまで表示できるところです。スマホで常に品温を確認できたり、指定した品温になったときアラートが通知されることで、蔵に不在時もゆっくりすすむ発酵のわずかな変化やタイミングを把握しやすくなります。


向井酒造株式会社(京都府)

舟屋の建ち並ぶ京都府与謝郡伊根町にある、創業宝暦4年(1754年)の造り酒屋です。女性杜氏ならではの発想で生み出された「伊根満開」は、ロゼワインのような色と味わいをもつお酒で、女性に人気です。

銘柄 京の春、ええにょぼ、伊根満開
サイト http://kuramoto-mukai.jp/
代表者 代表取締役社長 向井 崇仁 様、杜氏 向井 久仁子 様

Q 導入ポイントは?

品温計測の手間が省ける製品の中で、もろみ日誌は税務署の帳票に対応していてデータ管理を一本化できるところが決め手でした。1.5mあるスティックタイプの温度センサーは、仕込みの初期でももろみにしっかり挿さって計測できるのがいいと思います。


ページのトップへ戻る