トップ > ダウンロード > ソフトウェアダウンロード > シリアル(SPI/I2Cなど) > REX-USB61mk2

REX-USB61mk2用ドライバ&ユーティリティ&サンプルプログラム
 
ソフト名: REX-USB61mk2用ドライバ&ユーティリティ&サンプルプログラム
登 録 名: USB61mk2_32.exe
対応機種: REX-USB61mk2
対応OS: Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7、Windows Vista
※32ビット/64ビット両対応
掲載月日: 2017年7月7日
作成方法: 自己解凍形式
著作権者: RATOC Systems Inc.
ダウンロード
◇ プログラム説明:
  本プログラムは REX-USB61mk2 をご使用頂いているユーザに対して提供されるものです。上記製品ユーザ以外のお客様は使用できません。
  本圧縮ファイルには以下のファイルが格納されています。

\
├ LIB
│ ├ RexUsb61mk2.bas (VB6用標準モジュール)
│ ├ RexUsb61mk2.cs (C#用コードファイル)
│ ├ REXUSB61MK2.dll (機器制御用ライブラリ)
│ ├ REXUSB61MK2.lib (VC用リンクファイル)
│ ├ REXUSB61MK2.ocx (VB.net/C#用OCX)
│ ├ RexUsb61mk2.vb (VB.net用コードファイル)
│ └ RexUsb61mk2lib.h (VC用ヘッダファイル)
├ Manual
│ └ USB61mk2_20.pdf (マニュアルPDF)
├ Sample (サンプルプログラム)
│ ├ DIO (DIO制御用サンプルプログラム)
│ │  + C#2005 (C#2005用サンプルフォルダー)
│ │  + C#2010 (C#2010用サンプルフォルダー)
│ │  + MFC2010 (VC2010/MFC使用サンプルフォルダー)
│ │  + MFC6 (VC6/MFC使用サンプルフォルダー)
│ │  + VB2010 (VB2010用サンプルフォルダー)
│ │  + VB6 (VB6用サンプルフォルダー)
│ │  + VC2010 (VC2010用サンプルフォルダー)
│ │  + VC6 (VC6用サンプルフォルダー)
│ ├ EEPROMRWUty (SPI/I2Cマスター用 EEPROM Read/Writeサンプルプログラム)
│ │  + C#2005 (C#2005用サンプルフォルダー)
│ │  + C#2010 (C#2010用サンプルフォルダー)
│ │  + MFC2010 (VC2010/MFC使用サンプルフォルダー)
│ │  + MFC6 (VC6/MFC使用サンプルフォルダー)
│ │  + VB2010 (VB2010用サンプルフォルダー)
│ │  + VB6 (VB6用サンプルフォルダー)
│ │  + VC2010 (VC2010用サンプルフォルダー)
│ │  + VC6 (VC6用サンプルフォルダー)
│ └ SlaveSamp (SPI/I2Cスレーブ用サンプルプログラム)
│   + C#2005 (C#2005用サンプルフォルダー)
│   + C#2010 (C#2010用サンプルフォルダー)
│   + MFC2010 (VC2010/MFC使用サンプルフォルダー)
│   + MFC6 (VC6/MFC使用サンプルフォルダー)
│   + VB2010 (VB2010用サンプルフォルダー)
│   + VB6 (VB6用サンプルフォルダー)
│   + VC2010 (VC2010用サンプルフォルダー)
│   + VC6 (VC6用サンプルフォルダー)
│   + スレーブサンプル用_Configファイル
├ ScriptUty
│ └ USB61mk2_Script.exe (スクリプト実行アプリケーション)
│   + SampleScript (スクリプト用サンプルファイル)
├ UnitIDUty
│ ├ Usb61mk2Setting.exe (UnitIDセッティングツール)
│ └ Usb61mk2View.exe (UnitID確認ツール)
├ EEPROMUty
│ ├ EEPROMProg.exe (EEPROM用ユーティリティ)
│ ├ EEPROMData.ini (設定用ファイル)
│ ├ EEPROMProg.ini (設定用ファイル)
│ ├ REXUSB61MK2.dll (REX-USB61mk2用DLLファイル)
│ ├ usb61api.dll (REX-USB61用DLLファイル)
│ ├ USB61-SEEPROM_PCB.pdf (EEPROM図面)
│ ├ USB61-SEEPROM_SCHEMATIC.pdf (EEPROM回路図)
│ └ USB61-EEPROM_20.pdf (EEPROM用ユーティリティマニュアル)
├ USB61mk2_I2C_REG
│ ├ Usb61mk2_REG.exe (I2Cレジスタアクセスツール)
│ ├ 61mk2_REG_SETTING_RTC.xml (設定用xmlサンプル)
│ └ USB61mk2_REG_10.pdf (I2Cレジスタアクセスツール用マニュアル)
├ Readme.txt
└ USB61mk2_Setup.exe (ドライバーインストーラー)
◇ 変更内容:
  <Rev.3.2 の変更内容>
  • EEPROMProg.exeの更新(Ver.2.0.3.0 → Ver.2.0.4.0)
    -- 容量の大きいデバイスに対して読み出しを行うと正しい値が読み出せない問題を修正しました。
    -- カスタムパラメーターの選択できる容量に、2Mbit、4Mbit、8Mbit、16Mbit、32Mbitを追加しました。
  • USB61mk2_SPIスクリプト例(AT25F512)(20150313).txtを修正しました。
    -- SAMPLING=0の全角「=」を半角「=」に修正しました。
  • REXUSB61MK2.dllの修正(Ver.1.1.7.0→ Ver.1.1.7.7)
    -- データ転送中にUSBケーブルを抜くとエラーを返すように修正しました。
    -- Usb61mk2_spi_write_master_config()のMultiI/OとTransbit設定が反映されない問題を修正しました。
    -- デバイス未接続時にUsb61mk2_i2c_write_master()を呼び出すと応答しなくなる問題を修正しました。
  • USB61mk2_Setup.exeの更新(デジタル署名日時:2016年3月1日19:41:21→ 2017年6月21日11:04:59)
<Rev.3.1 の更新履歴>
  • I2Cレジスタアクセスツール設定用サンプルを修正しました。(61mk2_REG_SETTING_RTC.xml)
<Rev.3.0 の更新履歴>
  • EEPROM用ユーティリティEEPROMProg.exe(Ver.2.0.3.0)を追加しました。
  • I2CレジスタアクセスツールUsb61mk2_REG.exe(Ver.1.0.1.0)を追加しました。
<Rev.2.0 の更新履歴> ⇒ファームウェアがVer.1.03/CPLDがVer.1.04以降である必要があります。
  • Windows 10に対応しました。
  • USB61mk2_Script.exeの修正(Ver.1.06→ Ver.1.31)
    - REX-USB61mk2の複数台接続に対応しました。
    - ユニットIDは接続しているものだけを選べるようにし、シリアル番号を表示するように変更しました。
    - エディト画面で32768バイト以上となるスクリプトが編集できない問題を修正しました。
    - レスポンスのステータスに異常値が表示される問題を修正しました。
    - スレーブアドレス0の指定ができるように修正しました。
    - スクリプト実行終了で電源供給をオフにするように変更しました。
    - CSVログ保存で 日本語のコメントが含まれている場合に正しいデータが書き出されない問題を修正しました。
  • REXUSB61MK2.dllの修正(Ver.1.1.0.0→ Ver.1.1.7.0)
    - usb61mk2_i2c_read_master_ex()/usb61mk2_get_serial()/usb61mk2_lock()/usb61mk2_unlock()を追加しました。
    - バルク転送で受信するデータが正しくないことがある問題を修正しました。
    - usb61mk2_i2c_send()で送信するデータが正しくないことがある問題を修正しました。
    - usb61mk2_i2c_read_master()/usb61mk2_i2c_write_master()/usb61mk2_spi_transmit()で16KByteを超えるデータが転送できない問題を修正しました。
    - 複数台使用時に別々のアプリケーションからアクセスできるように修正しました。
    - DLLでメモリリークが発生することがある問題を修正しました。
    - usb61mk2_i2c_write_master()/usb61mk2_spi_transmit_master()において、4Byte境界に収まらない転送長を指定した場合、バッファサイズをオーバーした部分が出力される問題を修正しました。
    - SPIまたはI2C通信でNACK受信や電源OFFのエラー時に応答が返されない問題を修正しました。
    - I2C/SPIのRead時にBulkIn転送が連続で呼ばれる問題を修正しました。
  • REXUSB61MK2.dllの変更に伴い、LIBフォルダー内のファイルおよびサンプルプログラムが変更されました。
  • USB61mk2_Setup.exeの更新(デジタル署名日時:2015年5月13日17:53:33→ 2016年3月1日19:41:21)
  • Usb61mk2Setting.exeの更新(Ver.1.0.0.0→ Ver.1.1.0.0)
    - 英語表示に対応しました。
  • Usb61mk2View.exeの更新(Ver.1.0.0.0→ Ver.1.1.0.0)
    - 英語表示に対応しました。
<Rev.1.1 の更新履歴> ⇒ファームウェアがVer.1.02以降である必要があります。
  • DIO使用時のチャタリング時間設定の機能を追加しました。
  • サンプルプログラムの不具合を修正しました。
◇ 解凍方法について
  自己解凍形式となっていますので、ダウンロードしたファイルをHDD上の任意のディレクトリで実行しますと、自動的に解凍されます。

ソフトウェアダウンロード >>
ページのトップへ戻る