トップ > ソリューション > もろみ造り支援ソリューション

ソリューション

もろみ造り支援ソリューション

もろみの品温データを収集・蓄積し、遠隔から監視、
現場の負担軽減と技術継承を支援します。

酒造品温モニタリングシステム「もろみ日誌」は、酒造の酒母・もろみ工程の品温管理を支援します。自動計測で現場の負担を軽減。高頻度・高精度の品温データを収集し、もろみの状態をいつでもどこでも見守れます。さらに税務署対応のもろみ経過簿と製造帳の印刷もおこなえる、酒造現場のためのソリューションです。

お客様の声
本システムは、スマートIoT推進フォーラム「IoT導入事例」にて紹介されています


酒造現場の課題

現場で働く杜氏・蔵人の負担を減らし、経験に頼っている部分を見える化したい。

●蔵にいない時はもろみの状況がわからず不安
●データの記録や帳票作成など、仕込み以外にかかる手間を省きたい
●仕込み事績は残しているが、紙ベースで分析や活用ができていない
●これまで職人が培った"勘"の部分は、次世代への継承がむずかしい
●現場まかせでなく、経営サイドも正確に仕込みを把握する必要性を感じている


もろみ日誌で解決

【現場のメリット】スマホでいつでも品温を確認、帳票印刷対応で現場の負担を軽減

もろみの品温は、タンクごとに自動で収集し、事務所のパソコンに保存されます。どこにいてもスマホで品温の変化を確認でき、指定の温度を超えるとスマホに通知される機能もあるので安心です。過去の仕込みや目標とするBMD曲線を、仕込み中のグラフに重ねて表示することで、これまでの実績と現状を比較し、酒質の向上や安定化に役立てます。
蓄積したデータはもろみ経過簿や製造帳としてそのまま印刷、仕込み後におこなう税務署向け資料作成の労力削減にもつながります。

【経営面のメリット】過去を含めた仕込みデータを一括管理

これまでベテランの経験に頼っていた仕込みの工程を見える化し、酒造りの知恵が詰まったデータベースとして資産にします。品温以外の日本酒度や酸度、アルコール度などのデータ入力は手入力で対応します。今まで紙でしか残していなかった仕込みデータを、ひとつのシステムでまとめて管理しています。状ぼう写真も登録し、これまで目で見て覚えていた部分もあわせて残します。
品温計測の自動化、仕込み現場のニーズに応えた機能で負担を軽減し、データベース化で次の世代への技術継承につなげます。


もろみ日誌のおもな機能

もろみ造りのIT化により現場の負荷を軽減、見える化により酒質の向上がはかれます

手間を省く


データを資産にする


プロセスに活かす


もろみ日誌導入による工程の変化

お客様の声


もろみ日誌導入後のお客様の声

お客様の声


システム構成例

パソコンと品温センサーの間は無線で通信をおこないますので、蔵と事務所が離れていても、ケーブルの敷設なしに導入がおこなえます。


ハートコンピューターとの協力体制で安心

本システムは、IoT製品開発実績のあるラトックシステムが開発し、酒造業界に多くのシステム納入とサポート実績があるハートコンピューターが販売いたします。導入の際は技術者がお客様のもとに伺い、本製品の設置およびパソコンへのインストールとアプリの各種設定をおこないます。(技術者による設置・セットアップは有償になります)
また、開発をおこなう当社とは現場のお客様の声を共有し「もろみ日誌」を向上・改善しています。


製品情報をみる


ご購入に関するお問い合わせ先

【販売総代理店】株式会社ハートコンピューター
(酒類メーカー向け製造・販売システム最大手)
〒529-0425 滋賀県長浜市木之本町木之本1565
電話:0749-82-5656 メール:info@heart.co.jp

ハートコンピューター公式サイトを見る


本システムに関するお問い合わせ先

ラトックシステム(株)東京支店
コーポレート・ソリューショングループ


メールでお問い合わせ

ページのトップへ戻る