トップ > ニュースリリース > 4入力2出力の 外部音声出力機能搭載 HDMI マトリックス切替器を発売

■新製品■

フル4K / HDRに対応した 4入力2出力のマトリックス切替器に
外部音声出力機能を搭載した新モデルを発売

2019年9月19日

ラトックシステム株式会社(本社:大阪府大阪市浪速区、代表取締役:岡村周善、以下ラトックシステム)は、外部音声出力機能を搭載した、最大4入力、2出力が可能な4Kマトリックス切替器「RS-HDSW42A-4K」を、2019年9月下旬より出荷開始いたします。

RS-HDSW42A-4K

製品名 製品型番 標準価格
発売予定 製品情報
4K60Hz対応 外部音声出力付
4入力2出力 HDMIマトリックス切替器
RS-HDSW42A-4K

¥16,800

2019年9月下旬 製品情報 >>

4入力2出力HDMIマトリクススイッチ、分配機能にも対応

本製品は接続された最大4台のHDMI機器を2台のテレビやディスプレイへそれぞれ切り替え・出力することのできる4入力2出力マトリックス切替器です。
例えば「入力1」と「入力3」をそれぞれ「出力A」「出力B」に振り分け出力することが可能。 また1箇所から入力された映像ソースを「出力A」「出力B」にスプリット(分配)出力することも可能です。

OUT-Aには、パソコンからの映像を表示。
OUT-Bにはビデオカメラからの映像を表示するなど、
それぞれ別々の映像を出力できます。
ゲーム機や映像機器からの映像をOUT-A・Bから同時に出力(スプリット[分配])させることができます。
4K解像度/60Hz(4:4:4)信号に対応、HDR映像ソースも切替

4K2K(最大3840×2160)、60Hz映像の入出力に対応。テレビ側に4K対応のHDMI入力が1ポートあれば、本製品に接続した機器すべての4K映像をそのまま映すことができます。また、超高画質技術「HDR(High Dynamic Range imaging)」の映像ソースも切り替えることが可能です。


※写真はイメージ
写真はHDR効果のイメージを分かり易く表現できるよう加工したものです
※1. SDR映像: 輝度を抑えることで全体的に暗くなり、暗い箇所がつぶれてしまっている。
※2. SDR映像: 輝度を上げることで、全体が明るくなり、明るい箇所が色飛びしてしまう。
※3. HDR映像: 明るい箇所と暗い箇所、共にバランスのとれた自然な色合いを表示している。

■ 4K 60Hz対応 外部音声出力付 4入力2出力 HDMIマトリックス切替器「RS-HDSW42A-4K」

【特徴】

  • 4入力2出力に対応したHDMIマトリクススイッチ
  • 4K解像度/60Hz(4:4:4)信号に対応、HDR映像ソースも切替
  • デジタル x2、アナログx1の外部音声出力機能搭載
  • Dolby TrueHD、DTS-HDマスターオーディオ対応
  • 切替方式は安心の「手動方式」
  • テレビの音声をアンプへ出力する「ARC」に対応
  • 直感的に操作ができるリモコン付属
  • 最新のゲーム機にも対応
【関連URL】
4K 60Hz対応 外部音声出力付 4入力2出力 HDMIマトリックス切替器「RS-HDSW42A-4K」 製品情報
https://www.ratocsystems.com/products/subpage/hdsw42a4k.html


ここに掲載されている内容は、報道発表日現在の情報です。ご覧になっている時点で、予告なく情報が変更(生産・販売の終了、仕様・価格の変更等)されている場合があります。

報道関係の方からのお問い合わせ
  製品レビューや撮影などにお使いいただくための貸出機をご用意しています。ご希望の方は広報窓口までお問い合わせください。

ラトックシステム 広報(担当:山岸)
Mail:https://web1.ratocsystems.com/mail/press.html
TEL:06-6633-6744
   
一般の方からのお問い合わせ
  ラトックシステムサポートセンター
Mail:https://web1.ratocsystems.com/mail/support.html
TEL: 【大阪】06-6633-0190 【東京】03-5847-7604

ページのトップへ戻る