トップ > 製品情報> IoTシステム > 酒造品温モニタリングシステム もろみ日誌
■酒造品温モニタリングシステム もろみ日誌

酒造り3工程(麹・酒母・もろみ)に特化したシステムで酒造りの現場を支援します

蔵元のご紹介
動画でご紹介
品温管理ソリューション
導入事例(経営者の立場から)
導入事例(現場の立場から)
導入のご相談
酒造りに特化したシステムで現場を支援します

製品概要

酒造現場の課題を解決

現場で働く杜氏・蔵人の負担を減らし、経験に頼っている部分を見える化したい。

蔵にこまめに足を運んで品温の確認・記録をするのが大変

酒母造りで必要な厳密な温度管理の現場負担を減らしたい

データの記録や帳票作成などにかかる手間を減らしたい

これまでの仕込み事績を、よい酒造りに活用したい

経営サイドも仕込みを把握する必要性を感じている

培ってきた勘と経験を見える化し社員で共有したい

製麹での品温管理の現場負担を減らしたい

もろみ日誌で解決

現場

  • タンクに設置のセンサーが品温を自動計測しPCへデータ蓄積
  • スマホでいつでもタンク毎の品温を確認
  • 品温が設定値を超えるとスマホに警告通知
  • 帳票印刷にも対応で現場負担を低減
  • 過去仕込みのBMDや品温を、今の仕込みと比較し酒造りに活かす
  • 蓄積データは経過簿や製造帳として印刷でき負担を低減
  • 麹専用センサーで製麹の品温測定を自動化し負担低減

経営者

  • 過去データも入力可能で仕込みデータを一括管理
  • 実績や状ぼう写真をデータ化し会社資産とする
  • 酒造りをデータ化/見える化し技術継承に役立てる


もろみ日誌の特長

もろみ日誌概要図

酒造品温モニタリングシステム「もろみ日誌」は、酒造3工程(麹・酒母・もろみ)の品温管理を支援します。品温の自動計測で現場の負担を軽減。高頻度・高精度の品温データを収集し、もろみや酒母・麹の品温をいつでもどこでも確認できます。さらに酒税法対応の帳票印刷(経過簿や製造帳)もおこなえる、酒造現場のための支援システムです。


酒造り工程別の機能を表示する


導入後のお客様の声

お客様の声

動画でわかるもろみ日誌
週刊ダイヤモンド 2019年1月12日号で紹介されました ⇒ 雑誌の詳細
ページのトップへ戻る